スタジオR31
カートを確認する

ごあいさつ

店長近影

本日はご来店いただき誠にありがとうございます。スタジオR31店長の河合 誠希です。私が責任を持って一品ずつ製作しています。少しでも多くのオーディオファンの助けになれば幸いです。おかげさまでオープン9周年を迎えました。

通信情報の暗号化には日本レジストリサービスのSSLサーバ証明書を使用しています。

ショッピングカートシステムではシマンテックのSSLサーバ証明書を使用しています。

1. スピーカーケーブルの選び方

選び方のプロセス

スピーカーケーブルの選び方は決して難しいことではありません。4ステップです。ぜひ、この機会に理想のスピーカーケーブルをお選びください。

Step1. 端末処理を選びます

ラグ

オーディオ機器(パワーアンプとスピーカー)のスピーカーターミナルに接続できる端末処理を選びます。スタジオR31でご用意しているコネクター(接続部)はラグ(4mm/6mm/8mm、ピンタイプ)、バナナプラグ(高品位/標準)、フルテック製ハイエンドコネクターです。
2. スピーカーケーブルの端末処理

 

Step2. 接続方法を選びます

バイワイヤ仕様ケーブルの場合

パワーアンプとスピーカーの接続方法には一般的なシングルワイヤ接続と、音質向上が期待できるバイワイヤ接続があります。
3. スピーカーケーブルの接続方法

 

Step3. ケーブル長さを決定します

スタジオR31におけるケーブル長さ

ケーブルの長さを無理に短くするのは得策ではありません。メンテナンスができる余裕のある長さが理想です。
4. スピーカーケーブルの長さ

 

Step4. ケーブルの銘柄を選びます

ケーブル銘柄の例

音のチューニングはスピーカーケーブルの銘柄でほぼ決まると言えます。具体的な音質傾向をグラフにしました。
5. スピーカーケーブルの音質傾向

設置場所に制約がある場合などはケーブルの太さが重要になります。仕様の一覧をご用意しました。銘柄選びの参考にしてください。
6. スピーカーケーブルの仕様